ホリスティックヘルス塾を開講して

  • HOME »
  • ホリスティックヘルス塾を開講して

もっと学びたくなる、もっと実践したくなる講座です

久保田 泉(くぼた いずみ)
ホリスティックヘルス塾インストラクター/薬剤師、アロマテラピーインストラクター、当協会運営委員

私はアロマテラピーのインストラクターで、学校で講師をしています。私が所属する(公社)日本アロマ環境協会のアロマテラピーの定義には、「アロマテラピーとは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法」と明記されていますが、肝心な「ホリスティック」には十分な説明がありません。そこで、ヘルス塾を個人開講することにしました。学校を会場にしたので、受講生の多くは顔なじみの方です。

講義しての感想ですが、わかりやすい説明のテキストとDVD教材は、とても役立ちました。それまで頭の中で描きにくかったホリスティックの概念が、着々と明確になっていく3時間は心地よかったはずです。終了後に、自由参加の第二部を設定したことも好評でした。参加費無料だったこともあり、毎回全員参加、講座の満足度を上げたようです。

学校以外の場でもヘルス塾を開講しました。こちらは、「ホリスティック」という言葉に縁がない方も参加します。一人一人受講動機も健康観も理解度も異なります。このような方を対象にしての講座は、正直なところ緊張しました。「これでホリスティックの魅力が十分に伝わったのだろうか」と、講座後に考え込むことも多々ありました。それでも私がこの講座を続けていきたいのは、西洋医学一本槍の方に、「こんな考え方もあるのだ」と気付いていただきたいからです。

こうして私は、この一年間にヘルス塾を5回開講しました。受講者総数45名です。受講をきっかけに協会に入会された方、もともと協会会員だったが、受講後積極的にレベルアップ講座にご参加の方、入会は見合わせたが、「世界が広がった」と嬉しそうな方、親が末期がんと診断され不安でしかたなかったが、それにも意味があると考え始めた方、テキストにある帯津先生の笑顔の写真をコピーしてノートに貼っている方、いろいろです。そのいろいろが多様性の象徴なのでしょう。45人分の「ホリスティックのめざめ」です。

私は、このヘルス塾を今後も開講したいと思っています。めざすのは、3時間の講座の後に、もっとホリスティックを学びたくなる、もっとホリスティックライフを実践したくなる講座です。
そのためには、私自身もさらなる勉強が必要です。私ならではのホリスティックを探す日々が、今後も楽しく続きます。

 

 

 

 

やってみなはれ

岡田俊一

 

岡田俊一(おかだしゅんいち)
ホリスティックヘルス塾インストラクター
健康塾真愈整体学院院長、当協会理事

 

私が30年前に初めて「ホリスティック」という言葉を聞いた時と、残念ながら大きく発展したとはまだ言い難い状況です。だからこそ、このホリスティックヘルス塾事業には人一倍思い入れが深いといっても過言ではありません。協会理事として0期のインストラクターになり、関西支部でのプレ講座を始め、昨年4月からの本格始動からは定期的に「ヘルス塾」を開催しています。

現在十数名の方がすでに「ヘルス塾(基礎講座)」を開催しておりますが、その割合といえば、全インストラクターの2割ぐらいではないでしょうか。残りの方は良くとると準備中。言い換えれば様子見。あるいは「ヘルス塾インストラクター」の肩書を取得するのが目的……。いろいろな憶測の中で関西支部でも、「なぜ開講しないか」についてミーティングが持たれました。

すでにセミナーを開いている方には、講座開催のハードルは低いが、経験がなかったり、そもそも人前で話をすることが苦手な方もいるのではないか、等々が出ました。この講座は映像教材も提供され、コンテンツもテキストに沿ってです。ほとんどお膳立てができているとも言えます。昨年の朝ドラのセリフではありませんが、後は「やってみなはれ」です。

私は自分の整体院で4月に一回目を開催。それからは、奇数月にずっと講座を開講しています。一番のネックは人集め「集客」です。なかなか継続的に人集めをしていくのは結構むずかしいものがあります。私のところも、定員5人という手作り感満載の人数でやっています。マンツーマンで開催したこともあります。少人数のメリットは、参加者一人ひとりとじっくり、ホリスティックな医療・健康について語り合えることです。  私自身講座を開催するということにより、ホリスティックに対する考え方か再確認できました。「アウトプットしないと結局は何も入ってこない」ですよ。

受講生の方々からも、『おぼろげに理解できている「ホリスティック」という概念がしっかりとお腹に落ちた。』と異口同音に感想をいただいています。

これらのことを踏まえ、協会としてはファーストステップをサポートしていくシステムが必要かなと感じています。その一助として関西支部では1月末に「1Day集客セミナー」という講座を開催しました。

自転車もこぎ始めに一番パワーがいりますが、走り出すと後は結構楽です。「たくさん人を集めないと」という呪縛にさえ縛られなければ……。

元々「草の根的に広めていこう」も今回のヘルス塾のコンセプトの一つですから。まずは「やってみなはれ!」

ホリステイックヘルス塾 in 健康塾

PAGETOP
Copyright © http://holisticpeople.jp/ All Rights Reserved.